• ホーム
  • 3つの花粉症治療薬を比較してみた!アレグラ・ジルテック・クラリチン

3つの花粉症治療薬を比較してみた!アレグラ・ジルテック・クラリチン

せきが出る女性

花粉症の治療薬として処方されるものは、何種類かあります。アレグラやジルテック、クラリチンがよく使われているもので有名です。これらのものは何が違って、どれが有効なんでしょうか。それぞれの効果や副作用などを比較していきましょう。

アレグラは、フェキソフェナジン塩酸塩を主成分とするアレルギー性疾患治療薬です。第二世代の抗ヒスタミン薬として2000年から医療機関のために発売され、2012年にはドラッグストアで買えるようになりました。眠気や口の渇きなどの副作用が起きにくい治療薬で効果が期待されています。1日2回の服用で効き目が24時間持続するのも魅力です。

クラリチンは、ロラタジンを主成分とするアレルギー性疾患治療薬です。花粉症にも有効で、多くの人に服用されています。アレグラに遅れること2017年からドラッグストアでの販売を開始しています。ロラタジンの特徴として最も大きいのは、フェキソフェナジンと同じように副作用に眠気や口の渇きがないのはもちろんのこと、1日1回で24時間持続するという点です。飲み忘れが少ないことがメリットの一つです。

セチリジンを主成分とする治療薬には、ジルテックがあります。第二世代の抗ヒスタミン薬として開発されたもので、第一世代から比べて副作用の眠気などが少ないとされていますが、クラリチンやアレグラには書かれていない添付文書に記載が残っています。セチリジンの利点は、他の種類と比べて抗ヒスタミン作用が強いという点です。そして、効果はそのままで眠気が少ないレボセチリジンを使って作られたのがザイザルです。ただし、ザイザルはドラッグストアで購入することはできません。

花粉症の薬は、医療機関で処方される成分が含まれているものがドラッグストアで購入することができます。価格は1日分で1回100円から200円程度です。花粉症の症状が見られたらすぐに購入して服用することができるので便利です。忙しい人は、いつでも購入できる市販薬が有効と言えますが、価格の比較をすると処方薬の方が負担が少なくておすすめです。

処方薬は窓口で医療保険が適用できるので、1回40円程度で手に入れることができます。また、市販では手に入らないものも処方してもらえるので強い効果が期待できます。処方してもらうには、医療機関を受診する必要があるので、時間を作らなければいけません。花粉症は時期が長いので、費用を考えると少しでも安い方が継続する際の負担が少なく安心でしょう。