• ホーム
  • 花粉症予防グッズ紹介!マスク選びは重要!

花粉症予防グッズ紹介!マスク選びは重要!

せきがする女性

つらい花粉症を予防するために簡単にできるセルフケアとして、マスクの着用があります。マスクは花粉が鼻の内部に侵入しないことで花粉症を予防できる有効なグッズです。最近では徹底的に隙間を無くしたものもあります。花粉が飛散する季節になったら着用して早めに対策するように心がけましょう。

花粉症はアレルゲンである花粉が、鼻の粘膜に付着することで発症します。マスクによって花粉の侵入を抑えることができれば、アレルギー反応が発生することはありません。セルフケアとして行うことができる対策として、とても有効です。春などのスギによる花粉症の季節になると多くの人が装着している光景を見ることが多くなりました。もともと咳などの細菌を拡散しないように開発された衛生用品ですが、外部からの侵入を抑える効果も期待できることから花粉症予防グッズとして広まりました。一度アレルゲンが付着したものは使えないため、不織布などで作られたものを使い捨てで利用することが一般的です。

花粉の侵入を防ぐために有効なグッズですが、つけ方を間違えると隙間だらけで意味がありません。徹底的に隙間をなくすことで高い効果を得ることができます。マスクはそのままのつけ方では、鼻の横や頬に隙間ができます。どれだけ高性能なものでも、隙間があったらそこから大量に体内に取り込まれてしまいます。

最近のマスクには、抑えられるように鼻のところにワイヤやスポンジが付いているものがあります。どちらも鼻の形に合うようにしっかりと取り付けて、密着した状態を作ります。ワイヤは自由に形を変えられるので、自分ではうまくつけたつもりが、浮いていることもあるので、鏡で確認しておいた方が安心です。頬の横に隙間ができるのは、大きすぎるサイズを選んでいる恐れがあります。適切なサイズでないと頬が浮いて大きな空間ができます。特に女性が男性用を使ったり、子供が大人用を使っている時にもこのような状態になります。大きいものの方が全体的に被せるので良いと思われるかもしれませんが、実際には隙間が大きくなるだけなので意味がありません。

一度使ったマスクは花粉が付着しているので、継続して使用することはやめましょう。一度取り外してからつける必要がある時には、裏表を確認してからつけることに注意します。間違えて外側をつけてしまったら、花粉が一気に入り込むこととなり、症状が悪化することが考えられます。もったいないと思うかもしれませんが、予防にはこまめな交換が必要です。