• ホーム
  • 花粉症に効くザイザルは人気!効果と副作用を知っておこう!

花粉症に効くザイザルは人気!効果と副作用を知っておこう!

薬を飲んでいる女性

毎年悩まされるアレルギー性鼻炎は、一度かかると治すことが難しいので非常に大変です。花粉をアレルゲンだと認識して発生するアレルギー反応で、鼻水やくしゃみ、鼻づまりなどの花粉症の症状が見られます。症状を緩和する効果が期待できるのが花粉症治療薬です。

いろいろな花粉症治療薬が流通していますが、効き目が強いことから、多く処方されているのがザイザルです。レボセチリジンを主成分として開発された第二世代の抗ヒスタミン剤で、セチリジンが主成分で流通していたジルテックの副作用である眠気を抑えたことで、有効な治療薬として使われています。

セチリジンは、抗ヒスタミン作用の効果が高いから有効でしたが、同種の医薬品と比べて生活に支障がある副作用が残っていることが問題として認識されていました。セチリジンと光学的に異性体であるレボセチリジンを、光学分解によって作り出すことで、それらの副作用を軽減することに成功しました。

ザイザルはアレルギー性疾患治療薬であり、花粉症以外にも湿疹などの治療にも適用されることがあります。服用方法は錠剤によるものが一般的ですが、錠剤を飲むことが難しい子供などのためにシロップタイプもあります。1日1回の服用で24時間効果が持続します。シロップは便利ですが、計量が個人に任されるため、注意が必要です。子供でも錠剤が飲める場合には、1日2回の服用方法も選ぶことが可能です。
添付文書には医薬品に対する注意が書かれていて、一緒に服用してはいけない、併用禁忌が書かれています。ザイザルについては、併用注意の記載はありますが、併用禁忌に該当するものはありません。併用注意には、アルコールが含まれており、服用中はアルコールの摂取を控えた方が良いでしょう。

作用機序とは、その薬品がどのように効果を発揮するのかを記載した説明です。ザイザルの場合、ヒスタミンH1受容体と選択的に結合することで、アレルギー反応を抑えたり、遅くしたりする効果が期待できると言う作用機序です。ヒスタミンが受容体と結合することでアレルギー反応は発生するため、代わりにザイザルが結合することで、反応を抑えることができます。ザイザルはこの作用が、ジルテックよりも強いと言われています。つまり、花粉症や湿疹などのアレルギー疾患への効果が強いと言うことになります。副作用を抑えて、効果が強くなっているので、多くの医療機関で処方されることになりました。