• ホーム
  • 花粉症が治せる!?アレルゲン免疫療法の一つ舌下免疫療法とは?

花粉症が治せる!?アレルゲン免疫療法の一つ舌下免疫療法とは?

花粉症などのアレルギー性鼻炎の対応として治療薬が使われていますが、症状を緩和するだけで完全に治すことはできません。対処療法と呼ばれるもので、簡易的にアレルギー性鼻炎の症状を緩和するためには有効な手段です。花粉症を完全に治すためにはアレルゲン免疫療法が必要になります。

治療薬を使った対応では、効果が持続している時だけしか症状を抑えることができないことや副作用の心配があるなどがデメリットです。アレルゲン免疫療法なら、それらの問題を解決することが期待できます。この方法はかなり古くから行われているもので、100年の歴史があると言われています。ただし、直接取り入れることからアナフィラキシー症候群などの重篤な症状が発症する恐れがあることや治療に3年から5年かかると言ったデメリットがあることからあまり普及していませんでした。

アレルゲン免疫療法には、経口免疫療法や舌下免疫療法、皮下免疫法などがあります。方法はいろいろありますが、基本的にはアレルゲンを体内に取り込み、耐性をつけることでアレルギー反応を抑えることです。積極的に取り入れることから、局所的にアレルギー反応が発生する恐れもあります。体に起こる自然な反応を利用するので、医薬品とは異なり副作用が発生する恐れはありません。

最も一般的なアレルゲン免疫療法は、舌下免疫療法です。アレルゲンを舌の裏に入れることで制御性T細胞を活性化し、IgG抗体を増加させることでアレルギー反応を抑制することが可能です。特に痛みを伴うこともなく、処方されたものを舌の裏に入れるだけなので、誰でも簡単に行うことができます。期間内は忘れないように服用することが重要です。

皮下免疫法は、アレルゲンを皮下組織に直接注射することで、Th1細胞を増加させて、IgG抗体を増加させることでアレルギー反応を抑制します。定期的に病院行く必要がありますが、舌下免疫療法で起こりがちな、飲み忘れがないので安心です。また、医師によって施術してもらえるのでもしもの時も対応してもらえることがメリットです。

これらの方法の他に経口免疫療法があります。これは特に食物アレルギーに使われる治療方法ですが、はっきりとした効果があるか確認されていません。あまり食べる機会が得られない食物などで自然に耐性が取得しにくいものがアレルゲンの時に選択されることがあります。アナフィラキシー症候群が発生しないかを確認しながら行う必要があり、医師の指示で実施することが重要です。