• ホーム
  • 第一世代の抗ヒスタミン薬ポララミンは最強!?

第一世代の抗ヒスタミン薬ポララミンは最強!?

アレルギー性鼻炎の治療薬は長年開発が続けられていて良い効果を得やすく、副作用が少ないものが生み出されてきました。開発されるたびに世の中に広まり、その時代の治療のために効果を期待されていました。治療薬は、その効き目の違いによって何世代かに分けることが可能です。一番最初に利用されるようになったのが第一世代で、アレルギー反応に影響するヒスタミンの作用を抑制する効果が期待できます。ポララミンと言う名前の治療薬が代表的で、その作用から抗ヒスタミン薬と呼ばれています。

ポララミンが使われるようになった当時は、アレルギー性鼻炎のための治療薬はあまり出回っていなかったため、花粉症に悩む多くの人が処方されるようになりました。第一世代の抗ヒスタミン薬には効能効果として、蕁麻疹やアレルギー性鼻炎などに有効とされています。また、風邪によって起こる上気道炎と一緒に発症するくしゃみや鼻汁にも効果があるとも言われています。効き目が強力でアレルギー性鼻炎で見られる症状が緩和できることから、当初は広く使われていました。

第一世代の抗ヒスタミン薬は、副作用として抗コリン作用が生じると言うデメリットもあります。抗コリン作用は一部の神経伝達物質の結合を阻害する働きで、結果として口の渇きや眠気などの副作用を引き起こす恐れがあります。眠気は一般生活で問題になることが多く、運転中などに発生すると事故につながる恐れが否定できません。口の渇きも喉など粘膜分泌が悪くなって、細菌などの影響を受けやすくなる恐れもあります。気道の粘膜が十分に分泌されないことで、呼吸器系の疾患を悪化させる恐れもあります。これらの副作用はポララミンに含まれる成分が影響しているためで、避けるためには服用しないと言う選択肢しかありません。特に子供は服用することで痙攣などの症状が見られる恐れもあり、効き目が強力だからと言って安易に処方できないと言った事情があります。

その後開発された第二世代では、成分を見直してそのような副作用を抑えて効果が期待できるものが利用できるようになりました。眠気や口の渇きが少ないため、生活に支障が出にくいと言ったメリットがあります。ただし、第一世代と比べて効き目が強力ではないと言うことがデメリットです。第一世代のポララミンを使いたい時には、就寝前服用することで眠気をある程度抑えることができます。また、マスクを常に着用することで口の渇きを抑制することも可能です。