• ホーム
  • アレルギー性皮膚炎による湿疹が出たときの対処方法

アレルギー性皮膚炎による湿疹が出たときの対処方法

鼻をかんでいる女性

湿疹は皮膚が細菌や異物などの外的な刺激を抑えることができずに発生する症状です。血管が炎症を起こして血管が腫れたり、知覚神経がヒスタミンを発生させてかゆみを発生するようになります。細菌などの侵入を防ぐために起こることが自然ですが、アレルゲンによっても発生します。

人体は危険なものが体内に入った時にそれを撃退するために備わっているのが免疫機能です。その機能が過剰に反応するのがアレルギーです。本来なら問題ないような食物などでも反応して、かゆみやかぶれを発症することがあります。ひどくなると湿疹が出ることもあり、注意が必要です。重篤な場合には、アナフィラキシーが発生し、ショック症状で死に至る危険もあります。

アレルギー性皮膚炎はアレルゲンが皮膚に付着したり、食物によって取り入れられたことが原因で皮膚にかゆみやかぶれが発症するものです。小児に多く見られる症状ですが、最近では成人まで続き、慢性化することもあります。乾燥して強いかゆみがあることから、掻きこわして傷となり痛みを感じることもあります。

症状が悪化すると湿疹が見られることも否定できません。特にアナフィラキシーの場合は、全身に短時間で発症するので注意が必要です。その場合、早めに抗ヒスタミン薬を経口投与するか皮下にステロイドを注射するなどの対応が必要です。時間がかかると致死する恐れが高くなるので、速やかな対応が必要になります。

部分的な湿疹など軽症の場合でも、放置しておくことで掻き壊すことによる悪化で痛みをともなうことが考えられるので、早めに医療機関に相談するようにしましょう。治療方法としては、抗ヒスタミン薬の服用やステロイド剤の塗布があります。また、根本的な対応として原因となるアレルゲンの除去があります。

原因物質がなくなることで、症状が抑えられ軽症で済ませることが可能です。何が原因かわからない時には、医療機関で検査をして原因物質を知ることから始めた方が良いでしょう。湿疹が出ている時には、何らかの要因によって皮膚が反応していることに代わりはありません。原因によって対応は変わりますが、早めに医療機関に受診することが重要です。

また、免疫機能が正常に機能することも重要です。生活習慣を改善して十分な睡眠を取ることで症状を緩和したり、発生を予防する効果も期待できます。体が疲れているだけでも、湿疹を発生させるリスクが高まります。暴飲暴食などによっても免疫機能は低下するので注意しましょう。