• ホーム
  • アナフィラキシーの症状が現れたらのために対処方法を学ぼう

アナフィラキシーの症状が現れたらのために対処方法を学ぼう

花粉

アレルギー症状として最も注意が必要なのがアナフィラキシーショック症状です。アレルゲンが体に入った時にはアレルギー反応が発生しますが、それが急速に発症するのがアナフィラキシーです。短時間で全身に発生するショック症状で、生命を脅かす危険性があります。発症後は一刻を争うため、正しい知識を持っておいた方が安心です。

発生の原因として考えられるのが、食物の摂取によるアレルゲンの体内への取り込みです。また、ハチに刺されることでも発生する恐れがあります。山登りなどの屋外で活動する時には危険性を知っておかなければいけません。発症した本人はどうすることもできないので、付き添いの人が適切に対応できるようになっておかなければいけません。

症状としては血圧が低下し、意識障害が発生し、呼吸困難によって致死の危険に脅かされます。もしハチに刺されたり、食事などでアレルゲンの食物を取り入れてしまったおそれがあったら、まず119番通報を行いましょう。意識障害が出るまで待っていては時間がかかりすぎです。呼吸困難などの症状が出たら、迷わずに119番通報をして問題ありません。その際にはアナフィラキシーの恐れがあることを伝えておきましょう。心停止までの時間は、原因物質によって異なります。最も短いのは薬物で5分程度で致死する恐れがあります。ハチの場合は15分程度と言われています。食物は30分のうちに心停止に陥る危険を伴います。この時間はあくまでも中央値と呼ばれるもので、それよりも短い場合もあるので注意しましょう。

アナフィラキシーが発生した時には、副腎皮質ステロイド薬が必要です。早ければ早いほど効果が期待できるので、対応を躊躇することがないようにしましょう。副腎皮質ステロイド薬では効果が遅い時には、エピペンなどによるアドレナリン自己注射が有効です。エピペンとは、ペン型の注射器で皮下に直接薬剤を投与するために開発された医療機器です。医療機関で行われるような血管への注射とは異なり、筋肉組織に投与すれば良いので個人でも簡単に行うことができます。アナフィラキシーの危険が疑われるような時に処方されることもあるので、事前に使い方を覚えておいて適切に使えるようにしておきます。エピペンは携帯用になっているので、外出時には常に持ち歩くようにしましょう。冷所に保管する必要はありませんが、有効期間がすぎると効果が期待できないので、こまめにチェックしておくと安心です。